グルコバイ ダイエット薬 成分

グルコバイに含まれている成分は?

主成分はアカルボース

 

この薬の主成分となっているのはアカルボースです。

 

これは経口服用で口からの血糖値を下げるために使用されている薬です。

 

2型糖尿病の治療として使用されている薬としても有名です。

 

放線菌であるアクミノミセスのアミノ糖産生菌の培養液を使ってここから分離をさせてドイツで医薬品として認定された薬です。

 

日本ではこの薬の名前で商品として発売されています。

 

メカニズムについて

 

なぜ糖を取り入れた場合の血糖値を下げる働きがあるのでしょうか。

 

それはこのアカルボースという成分が多糖からグルコースを切り出すという働きを持っているからです。

 

そしてこの働きを持ったグルコシターゼを阻害しますので、それが血糖値の急激な上昇を抑えてくれるというメカニズムなのです。

 

急激な血糖値の上昇は

 

食後急激に血糖値が上がることはなぜダイエットに効果がないのかというと、急激に血糖値が上がることによって太りやすくなるのです。

 

ですから血糖値を緩やかにすることによって太りにくい体質にしてくれるのです。

 

ですからこれまでと同じように食事をしていたとしてもこれからは血糖値が上がる心配がないのです。

 

これまでと同じように食事をしていたとしても血糖値が急激にあがらないので、例えば甘いものが好きな人でも気にすることなくダイエットを続けることができるというわけです。

 

もちろんだからといって甘いものを暴飲暴食していたのでは、せっかくのダイエット効果がありませんので、これまで以上に食べるとか、これまでよりも多く食べるというのはいけません。

 

あくまでもダイエットを助けてくれているということを念頭に置いた上で対処させる必要があるでしょう。

 

この薬を服用し始めたからといって安心せず、辛い食事制限やストレスが溜まるような制限は必要はありませんが、それでもある程度は甘いものを控える等の対処は必要です。

 

薬を飲んだからといって必ずしも痩せるという痩せ薬ではありません。

 

血糖値の上昇を防ぐことによって食べたものを吸収しないようにするという働きを持っているだけですので勘違いしないようにしましょう。