グルコバイ ダイエット薬

ダイエットに血糖コントロールグルコバイが一番グッド!

グルコバイを使えば炭水化物が食べられる

 

グルコバイを使用すれば炭水化物を食べることが可能です。

 

ダイエットをしなければいけない人の大半が、炭水化物をやめられない、暴飲暴食をしてしまうというケースがあるかと思いますが、それを押さえることができるメリットがあります。

 

炭水化物吸収阻害訳として販売されていることもある薬です。

 

糖尿病薬とも知られているのですが、もともとはピルとしても開発されていたのだそうです。

 

バイエル社のグルコバイを使えば炭水化物をやめなくてもダイエットすることができておすすめです。

 

アカルボースが含まれる

 

含まれている成分はアカルボースという成分です。

 

これは小腸の粘膜にあるデンプンや砂糖を分解する酵素のαグルコシターゼの働きを抑えることが出来る薬です。

 

そのために糖質を消化したり吸収することを遅くして食べたあとに、急激に血糖値が上がることを防ぐ働きがあります。

 

だから糖尿病薬として使用されているのですね。

 

それだけではありません。

 

グルコバイに含まれている成分はαグルコシターゼ阻害薬の働きだけでなく、膵液、唾液に含まれているαアミラーゼの酵素が活性することを抑えてくれる働きもあるのでそういった面でも食べることを我慢せずにダイエット出来るのが特徴です。

 

具体的な効果は?

 

大きな効果としては食後に血糖値が上がることを抑えてくれるという効果があります。

 

もちろん個人差もありますし、例えばもともと低血糖の人がこの薬を服用すれば低血糖がさらに進んでしまいますので、その結果ショックや死に至ることもあるので十分服用には注意が必要です。

 

飲み方について

 

飲み方はとても簡単です。

 

成人の場合は一般的には1回辺りの量100mgを食直前に飲みましょう。

 

しかし1回目は様子を見るためにも50mgからスタートしたほうが安心かもしれません。

 

途中で100mgに増やすこともできますので、一度検討してみるといいでしょう。

 

年齢やその時の状態によって増減してコントロールしましょう。

 

糖尿病の薬は食事や運動療法と組み合わせることで糖尿病の様々な肥満に関する症状を改善させることができますので、それも考えて行うといいでしょう。

 

ダイエットの薬としてもともと販売されたわけではありませんし、糖尿病を患っている人が普段は服用する薬ではありますが、正しく使えばダイエット効果も期待できます。

 

副作用の心配について

 

薬ですのでサプリメントと違って何が一番心配かと聞けば、やはり副作用の心配が一番多いのではないでしょうか。

 

糖尿病治療薬全てにおいて言えることですが、先ほども言いましたが低血糖の症状に注意しましょう。

 

手が震える、冷や汗が出るめまいがする等の症状があった場合には低血糖を疑いますので、この症状が出てしまった場合にはすぐにでもブドウ糖を摂取しましょう。

 

体の中に糖分が足りていないことによって症状があらわれています。

 

このままでは倒れて意識を失う可能性もありますので注意しましょう。

 

低血糖の症状が出たらブドウ糖を摂取するということを念頭に置いておきましょう。

 

ちなみにブドウ糖なんて手元にないと思った人は、そんなに難しく考える必要はないのです。

 

ブドウ糖は身近にたくさんあります。

 

クッキーや飴でもいいのです。

 

なにか甘いものを口にして低血糖の症状を改善しましょう。

 

また、あまりに服用していると炭水化物が減りますから、脂肪を分解した際に出るケトン体と言われる代謝産物が増えてきます。

 

これはエネルギーとして糖分ではなくて、脂肪を使っている証拠で、これがダイエットの働きをしてくれるのですが、ケトン体は増えてはいけないものです。

 

ケトン体が増えすぎるとケトアシドーシスというまた別の症状があらわれてしまいますので、服用量を守った上でダイエットに役立てるようにしましょう。

 

服用するにあたって

 

服用するにあたって薬が何のために普段使用されているのかということは理解しておく必要があります。

 

それは糖尿病治療に使用されています。

 

糖尿病の人が食後に急激に血糖値が上がらないようにしています。

 

糖尿病の人は膵臓から分泌されるインスリンという血糖を下げるホルモンの分泌がされませんので、血糖値を下げることができないのです、血糖値が上がったままになることを予防するために服用します。

 

薬を服用する際はそういった目的で使われているのだということをよく理解しておいたほうがいいでしょう。

 

ダイエット薬として注目されている成分の一つではありますが、低血糖になったり、ケトアシドーシスになる恐れ等もありますので十分に注意して服用するようにしましょう。

 

■ 下記も併せてお読み下さい ■

 

糖尿病ってどんな病気? 糖尿病サポートネット
グルコバイ錠を服用される方へ
脱毛グッズ用品おすすめ口コミ人気クリーム家庭用脱毛器ツルピカ肌!
クレジットカード現金化する方法